読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都内在住ワーキングママの難関中学に省エネ受験で挑む!

子供を自主的に受験勉強できるように育てる、親の労力は少なめにが目標!

豊島岡は、とても魅力的

こんにちは、さいとうです。

昨日は、都内でも大雪になりましたね。受験の時期には、かならずありますね。

すべるって言うなー!とか、ありますもんね(笑)

都内は雪に慣れてないので、すぐに交通機関に影響がでます。

交通情報を確認しながら、無事子供達を送り出し、私もギューギュー詰めの電車に乗りながら、5分遅れで出勤。コートはベチョベチョだし、どっと疲れた朝でした。

これが、受験日にあたったらと、ゾッとします。どんなときにも、冷静に対応するしかないんでしょうけど。

試験会場にたどり着くまでは、忘れ物したり~、乗り物酔いしたり~と、さまざまな事件がおこるので、いろいろ想定して準備して、落ち着いて行動するのみです!試験の待合室では、ぐったりしてましたもん(笑)みなさん、頑張って~!

豊島岡女子学園

2014年長女の受験のとき、すごくいいなーと思った学校が豊島岡でした。

私が学生のころは、そんなに偏差値の高い学校ではありませんでしたが、どうやら受験日を2/1から2/2に変えたりして変革をはかり、今では新御三家と言われてます。桜蔭に受かっても豊島岡に行く子がいるという話も聞きますからね。

仕事で何人か卒業生に会ったことがありますが、しっかりした女性が多かったのも好印象です。毎朝、運針をしてるから、精神鍛錬もできてるのかも(笑)

f:id:reiadream:20160119070414j:image

池袋に近代的な8階建ての校舎。

先生方は、若く熱意のある方が多い印象。職員室とは別に、勉強を教えてくれる部屋があるそうで、質問しにいくのが当たり前といった感じ。ちょっと進学塾に近いムードもありました。

中高一貫で大学受験の場合、なんやかんやいっても、予備校でがんばったからでしょとの疑いをもっていた私ですが、豊島岡は塾に行かなくても、志望校に合格していると言っていました。あながちウソでもないかなーなんて思いましたね。

 

なにより良かったのは、進学した先輩のお話。

前回の目標なく東大に行ってしまった子とは、正反対!女子校でも理系の子が多い学校なので、理系に進んだ子のビデオでしたが、現在の研究課題や将来の目標など、しっかりお話されてました。

どうやら、普段から、先輩方を学校に呼んで、進学の話や就職の話を聞く機会をもうけているそうです。本人や家庭だけでは、なかなか知ることができない情報なので、こういうのをやってくれる学校は、とても魅力的に思います。先輩方の話を聞きながら、娘が自分のやりたいことを見つけてくれるといいなーと思いました。

長女の結果

 長女は、算数・理科は得意なものの、国語と社会は平均点以下のこともしばしばある子でした。国語は、答えを聞いても、納得できないことが多いらしく。。社会はコツコツ暗記をするのが嫌。理科も昆虫や植物などの暗記系は苦手で、その場で考える物理なんかが好きだったので、算数が一番好きというのも、よくわかりました。

そんなタイプだったので、豊島岡の問題は向いていたようです。

というか、長女の受験校は、算数は難しくてもいいから、国語の記述が少ないところを選んだ感があります。

6年の中ごろから、もう記述の多い学校の練習はしませんでした。絶対桜蔭に行きたいとかいう目標があったら、嫌でも記述の勉強をしなければならなかったでしょうけど。時間もなくなっていたので、最後のほうは、確実に点をとるテクニックのほうに力をおいた感じです。

行きたい学校と子供のタイプが合っていたので、比較的ストレス少なく乗り切れた感じです。結果、幸いにも豊島岡からは、1日目に合格をいただけました。とてもうれしい限りでした。

ただ、結局悩んだ結果、2/1に合格いただいた学校のほうに入学しました。その件については、また書きますね。たまーに、豊島岡に行けばよかったかなーなんて、思ってしまうことがあります。それだけ魅力的な学校です。

 


にほんブログ村