都内在住ワーキングママの難関中学に省エネ受験で挑む!

子供を自主的に受験勉強できるように育てる、親の労力は少なめにが目標!

まだ一週間のノルマをやりこなせない

東京は昨日はバレンタインのチョコが溶けるような暖かさ。モワッとして、体調がついていけませんでした。

今朝は昨日との温度差-11度。着るもの選択ミスしないようにしなくちゃっと思う朝でした。

 

ノルマ達成できない一週目

 サピの四年生コースが始まって一週間。

三年生の秋から通塾したものの、通塾に慣れることを目標にしていたので、家庭学習はほとんどしていませんでした。

今までは、学校の宿題プラス塾の宿題をちょっとで計一時間勉強すればいいほう。

でも、これからは、その時間では塾のノルマが終わらない!

さらっとスケジュールを書き出してみた。


f:id:reiadream:20160215064050j:image

あまり細かく設定しても、やりこなせないので、最初はメモでいっかと。

案の定、一週目だいぶ後ろ倒しです(笑)

まあ、あまり細かいことは気にせず、捨てるとこは捨てて、やってみましょう。じきに慣れるよね、きっと。

 

長女は母と同じことを言う~

次女がサピの勉強をしていると、どうにも気になる長女。

次女が漢字をやっていると・・・

長女「〈改める〉は、送り仮名間違えやすいよね~。あと己も跳ねちゃダメだからっ」

次女「さっきママも同じこと言った・・・」

長女は、受験のときの勉強の記憶なんて残ってないだろうなと思ってたけど、意外とよく覚えている模様。ことわざなんかも、すらすら言える。

やっぱり小さいときに覚えたことは、記憶に残るようだ。

そして母のテクニックやクセも伝わっていくらしい。

算数では・・・

長女「引き算と割り算の逆算やるとき、穴あきの場所によって、わからなくなるんだよねー。その時は、小さい数字でやって確認してから解くと間違わないよ。」

次女「ママから同じこと聞いた・・・」

 

あー怖い怖い。あんまり変なテクニックは教えちゃいけないなと実感。でもきっと母からも姉からも言われたら、ミスれないと思ってるに違いないと期待する面もある。

そして、長女家庭教師化計画も案外いけるかもっと、たくらみはじめたのでした(笑)

 


にほんブログ村